本文へジャンプ
研修案内



これからの社会保障政策を考える国際フォーラム


〜複雑化・多様化する社会保障ニーズに応えるセクターと人材のあり方を考える〜

1.主 旨
新しい政権が誕生しても、国民の「安全で安心な社会の実現」への希求は変わりません。しかし、人口の急減・要支援者の急増、経済の縮小と社会保障費の増大など、わが国の少子高齢化がもたらす様々な社会構造の変化は、人類がこれまで経験したことのない大きな問題です。
そこで、これからの社会保障の進むべき「道」について、有識者の講演や諸外国の事例から課題や取り組みなどを参考にして皆で考える機会を企画いたしました。多くの方にご参加いただきますようお願い申し上げます。

2.主 催
これからの社会保障政策を考える国際フォーラム実行委員会
   代表  京極 高宣

3.共同開催
財団法人 日本社会福祉弘済会

4.後 援
社会福祉法人 全国社会福祉協議会
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会
社団法人 全国老人保健施設協会
全国小規模多機能居宅介護事業者連絡会
一般社団法人 全国民間社会福祉従事者共済連絡協議会

5.日 時
平成21年12月23日(水) 13:00〜17:30

6.会 場
大阪国際会議場 3階 イベントホール(D・E)
〒530-0005 大阪市北区中之島5-3-51
TEL:06-4803-5555(代表)/ FAX:06-4803-5620
URL:http://www.gco.co.jp/

7.参加対象
@都道府県・指定都市・市町村社会福祉協議会役員・幹部職員
A社会福祉施設等の役員・幹部職員
B都道府県・指定都市・市区町村行政幹部職員
Cその他社会福祉施設関係者・学識経験者

8.参加定員
500名

9.参加費
5,000円(交流会費は別途7,000円)

10.申込締切
平成21年12月14日(月)  先着順

11.日 程
【 プロローグ 】  13:00〜13:20

フォーラム実行委員会 代表
国立社会保障・人口問題研究所 所長   京極 高宣 氏

【 講 演 1 】 13:20〜14:20
北海道大学院法学研究科 教授   宮本 太郎 氏
【 講 演 2 】  14:20〜15:20
慶應義塾大学商学部 教授   権丈 善一 氏
【 政策動向 】  15:40〜16:10
厚生労働省老健局長  宮島 俊彦 氏(予定)
【シンポジウム】 16:10〜17:30

諸外国の状況に精通した識者からお話を伺います。

◎フィンランド
 東北福祉大学 准教授 萩野 寛雄 氏

◎韓国
 東京福祉大学 教授 金 貞任 氏
◎アメリカ合衆国
 東京大学総括プロジェクト機構
 ジェロントロジー寄付研究部門 教授 秋山 弘子 氏
◎コーディネーター
 国立社会保障・人口問題研究所  川越 雅弘 氏
【 交 流 会 】  18:10〜20:00
国際会議場 12階 グラン・トック











 

 
 ページ先頭へ▲